●Main Content

 

  >ホーム

 

  >治療方針

 

  >診療内容

 

  >当院について

 

  >アクセス

 

●Dental Care Service

 

  >一般歯科

 

  >矯正歯科

 

  >小児歯科

 

  >インプラント

 

  >訪問歯科診療

 

●information

 

  お知らせ

 

 

 

Copyright ©  さかきばら歯科 All rights reserved.

「知覚過敏」大丈夫ですか?

August 6, 2017

 

 

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症状を言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

■原因について
歯の最表層にあるエナメル質は削っても痛みを感じることはありません。象牙質はその内層にあり、また根部ではエナメル質がなく全層が象牙質でできています。
象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いもの等に触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、歯は痛みを感じます。つまり象牙質は痛みを感じる部分です。
通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、こうした痛みを感じることはありませんが、極端に冷たいものなどではエナメル質の上からでも温度が内部の象牙質に伝わって、歯が痛みを感じることもあります。
しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏が生じるようになります。

 

■予防について
知覚過敏の確実な予防法はありません。
健康な歯肉でも加齢によってある程度歯肉が退縮することは避けることができません。
歯の根部の象牙質の露出を防ぐには歯周病の予防に努めることと、歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯みがき法をしないことです。
またプラークが付着した状態が長く続けば、歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなります。この場合にはむし歯も進行しやすくなります。
以上のことを考えれば、歯周病とむし歯の予防が、知覚過敏の予防につながるのは明らかです。
知覚過敏と同じような症状、すなわち冷たい水で歯がしみるといった症状は、むし歯がある程度進行した場合にもみられます。
また歯に亀裂が入っている時にも、同じような症状がみられることがあります。
このような症状のあるむし歯の場合には、早く治療をする必要があります。また、亀裂が入っている場合も早く対応することが大切ですが、その歯を残して使うことが難しい場合もあります。
自分では知覚過敏であるのか、むし歯などによる痛みであるのかは分かりにくいですから、早めに歯医者さんで受診することをおすすめします。

 

 


さかきばら歯科スタッフ一同

 

 

 

 

 

東住吉区 歯科医院

矢田駅スグの歯医者

さかきばら歯科

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ